北京五輪開催日に戦争勃発!!(ロシアV.Sグルジア)

北京五輪開催日に南オセチア(South Osetiya)を巡ってロシアV.Sグルジアの戦争勃発!!&偉大なるロシアの文豪を悼む。 
南オセチアでの戦争反対!!即時停戦を!!
Title:Beijing Olympics, South OSECHIA (South Osetiya) over Russia V. S Georgia outbreak of the war! ! Russia and a great tribute to the great writers.
OSECHIA south of the war in Iraq! ! Immediate cease-fire! !

Пекинская Олимпиада, Южная OSECHIA (Южная Осетия) по сравнению с Россией V. S Грузия начала войну! ! Россия и большую дань большие писатели.
OSECHIA к югу от войны в Ираке! ! Немедленномупрекращению огня! !

「収容所群島」等の作品で知られるソビエト連邦→ロシア連邦のノーベル賞作家のアレクサンドル・ソルジェニーツィン氏(英:Alexander Solzhenitsyn 露:Александр Исаевич)が2008/8/4(モスクワ時間)に逝ってしまわれた。
ソビエト連邦のスターリン時代に積極的に発言されて収容所送りに。フルシチョフ時代の「デタント」の時代には良 作を発表。しかし、ブレジネフ時代に入ってから、政治的な発言が目立った為か、国外追放に。
 しかし、祖国への想いが強い為か、アメリカから積極的な発言を続けられた。ペレストロイカの後、赦されて帰国。帰国後も積極的な発言をされた。享年89歳。
この場をお借りしましてご冥福をごお祈り申し上げます。
ロシア・リア・ノスボーチ通信社 RIA Novosti(English) のアレクサンドル・ソルジェニーツィン氏の追悼記事。
Soviet dissident writer Solzhenitsyn dies at 89 11:09 | 04/ 08/ 2008
http://en.rian.ru/russia/20080804/115615111.html

なんてこった、チェチェン(Chechen)戦争の二の舞ではないか!!それも北京五輪開会式をやっている最中に!
愚の骨頂の極みであり誠に遺憾だと思う。(北京五輪の開会式の際、ロシア選手団にブーイングが…。)
 
 ユーラシア大陸の揺籃の地、チェチェン(Chechen)から場所も近いし、これからコーカサス(カフカス)地域が混迷の度合いを深めるのは間違い無いと思う。
地図を見てもらえば分かるが、国境、民族、宗教が入り乱れており、枚挙に暇が無いので検索や本で調べて頂ければ幸いかと思います。
この地は、古くは帝政ロシア時代に開通したグルジア(Georgia)軍用道路を舞台にプーシキンや、レルモントフらの詩人の文学作品等が生み出されてきた場所にも近い。
自転車等では風光明媚なこの場所に入れなくなってから、かなりの年月が経っている。
旅人が早く往来出来る平和な地域になれば良いのだが…。


佐藤優氏がFujiSankei Business i.に連載している 「地球を斬る」はたまに読んでいる。
最近興味深かったのは、2008/7/2付けの「露機関紙の不気味なシグナル 露骨な国家意識の思想戦に備えよ」
読んだら、「ロシア国防省の機関紙のHPがアンケートを行っている。不気味だ。」と書かれていました。
佐藤さんの予言は、やっぱり的中しましたね。

チェチェン(Chechen)の事に関しては、「チェチェン総合情報」が詳しいです。
「チェチェン総合情報」の記事より引用。

9.Aug 2008 対グルジア軍事侵攻に反対+アムネスティ声明「ロシア連邦 : イングーシの人権活動家に対する拘禁と暴行の調査を」  Ingushetia: Detention and beating of human rights activist must be investigated

他国(この場合グルジア)に軍隊を派遣して戦闘するのは、侵略そのものです。(メディアははっきり「侵略」ないし「軍事侵攻」と書くべきだと思います)

AFPBB Newsより引用。




一方、ロシア側の記事を見てみると…。
(RIA Novosti(English) )
S.Ossetia says over 1,000 dead after Georgian attack 21:45 | 08/ 08/ 2008

先攻→グルジア。後攻→チェチェンにも投入されたロシア連邦軍の最強精鋭部隊をウラジカフカス方面から送り込んでいる模様。現地ではかなりの犠牲者が出ており、国連安全保障理事会の緊急理事会が開催されたが、効き目無し!? 虐殺等の有ったチェチェン(Chechen)の轍を踏んでしまうのか?即時停戦を望むのは言うまでも無い。

但し、この件に関しては、日本のマスコミだと余り情報が入らない。(産経新聞の電子版等除く)
そこで現地の情報を知りたい方にお勧めなのが、通信社等の下記の英文サイトの活用です。
放送局→CNN、BBC(From London)、НТВ(ロシア語のみ。ロシア語読めなくてもVideoは見れます。google翻訳した方が良いかも? ロシアのかっての民放であった<現在国有化?>English Name:NTV)
通信社→ロイター通信社(Reuters)(English)、AFP通信社、AP通信社
RIA Novosti(English)(ロシア・リア・ノスボーチ通信社 ロシア第2の通信社。HPがロシア国営TASS通信社に比べるとかなり見やすい。) →http://en.rian.ru/
インターファックス(InterFax)等など。

日本でも、この事態にかなりの驚きの反応が上がった。
先ず、Blogや2ちゃんねる(2Channel)のニュース系の掲示板でかなりの反応が有った。
2Channel系 News Blog「ニュース速報++ 」 【おそロシア】ロシア機甲師団が南オセチアへ侵攻開始!!!!
2Channel系 News Blog 「痛いニュース」ロシアと親欧米国グルジアが戦争に!…グルジアがロシア機を撃墜。プーチン首相は「報復」を宣言等。
いろいろ考えさせられますね。

昔は、ソビエト連邦だった国同士がこんな醜い争いをするなんて全く馬鹿げている。
これじゃ、ベトナム戦争やアフガン戦争やイラク戦争と同じ泥沼を辿るのか?

果たして、隣接地域のソチ(Sochi)五輪は開けるのか?

今なら、天上に召されて逝ったロシアの文豪はこの問題に対してどう発言されるであろうか?


長崎原爆忌の日の夜に。合掌。

文責:米田元信 MOTONOBU YONEDA

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック