米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年もツール・ド・フランスの季節がやってきた♪♪♪

<<   作成日時 : 2010/07/10 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「初夏になると、思い出すのは何ですか?」と聞かれたら、サイクリストや一番想起する毎年恒例の行事と言えば、夏の北海道一周自転車旅行であり、歴史と伝統を誇る自転車レースであり、「自転車レースのF1」との異名がある!?「ツール・ド・フランス」だと思う。 現在はどうか知らないが、かってはフジテレビ系列(CX系列)で、F1とほぼ同じ深夜の時間帯に中継放映されていたから、サイクリスト以外の方でもご存知の方もいらっしゃるのではないだろうか。(因みに、テーマソングには、同じフジテレビ系列のF1中継のテーマソングを担当したT−SQUAREの「CHASER」が使用されていた。かなりアップテンポな曲なので、朝に聴くと良いかも。)If he is asked "what will remember if early summer comes" and it will be called an annual event a cyclist and every year which is recollected most, it is a round-Hokkaido bicycle trip of summer, and is the bicycle race which is proud of history and tradition, and there is another name of "F1 of a bicycle race"!? I think that it is "Tour de France." If it cuts, it is the Fuji Television affiliation (CX affiliation), and the more familiar one also in directions other than a cyclist will also come, since relay televising was carried out in the almost same midnight time zone as F1, although it does not know how it is now. (Incidentally "CHASER" of T-SQUARE which took charge of the theme song of F1 relay of the same Fuji Television affiliation was used for the theme song.) rather -- a rise -- or [ that it is good to hear it at a morning since it is tempo music ].

そのツールドフランスも、佳境に入り、第6ステージを迎えた。確か、1997年頃に日本のサイクル&サイクリング専門誌である「サイクルスポーツ」誌で、「ツール・ド・フランス」のレポート記事を読んだ記憶が有り、「 「ツール・ド・フランス」の期間1ヶ月間は、フランスの国全体がツールでお祭りムードで盛り上がる」との記述が有った記憶があったと思う。
The Tour de France also reached the most interesting part, and greeted the 6th stage. I think that there was memory which had surely the memory which read the report article of "Tour de France" around 1997 by the "cycle sport" magazine, and had the description "the whole French state rises in a festival mood with a tool, as for period one month of "Tour de France"". [ which is a Japanese cycle & cycling technical magazine ] .

「2Channelニュースヘッドライン」より引用。
It quotes from "2Channel news headline." .

【自転車】ツール・ド・フランス第6ステージ カヴェンディッシュが今日も集団ゴールスプリントを制して連勝
[Bicycle] The 6th stage of Tour de France A カヴェン dish controls a group goal sprint and defeats successively today also.
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1278691879/


7月9日、ツール・ド・フランス第6ステージが行われ、マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、HTCコロンビア)が 集団ゴールスプリントを制して勝利した。  総合争いではファビアン・カンチェッラーラ(スイス、サクソバンク)が総合首位を維持した。  今日はアルプス直前となる平坦ステージ。ここを終えるととうぶん平坦ステージは無いためスプリンターは ぜひとも勝っておきたいところだろう。  序盤に3人が逃げてそれを追う主要集団という展開。  逃げる3人はあまりペースが上がらないのか中盤以降タイム差が早めに縮まり続ける。主要集団とのタイム差が 残り25km付近で1分を切ったところで主要集団からアタックする選手が2人出た。  逃げ集団は5人に増えて再度逃げ続けるが、残り10km付近であえなく主要集団に吸収される。  このままゴールスプリントへ。  残り1km付近では集団先頭はガーミンが支配している。しかし、エーススプリンターのタイラー・ファラー (アメリカ)は怪我をしており、誰が最終スプリントをするのかはっきりしない。代わりのスプリンターと思われた ロバート・ハンター(南アフリカ)は残り400m付近で先頭に出てしまい、これではタイミングが早すぎる。  その後ろから昨日同様にマーク・レンショー(オーストラリア、HTCコロンビア)に連れられたカヴェンディッシュが 前に出て、残り200mから万全のスプリントを開始。  ファラーが後ろにつくが横にも並べずカヴェンディッシュは圧勝。昨日に引き続いて連勝を果たした。  総合順位には大きな変動は無く、カンチェッラーラは総合首位を維持している。  新城幸也(日本、ブイグテレコム)はチームメイトのアシストをしつつ集団前方で入り19位でゴールしている。   第6ステージ順位 1位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、HTCコロンビア) 2位 タイラー・ファラー(アメリカ、ガーミン) 3位 アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレ)
順位ソース http://www.letour.fr/2010/TDF/LIVE/us/600/classement/index.html

The 6th stage of Tour de France is performed, and a mark カヴェン dish (Britain, HTC Colombia) on July 9 The group goal sprint was controlled and it won. In comprehensive argument, the Fabian can チェッラーラ (Switzerland, サクソ bank) maintained the comprehensive first place. It is the flat stage which becomes just before the Alps today. Since there is no flat stage for the time being after finishing this, he is a sprinter. Probably, I want to win very much. Deployment called the material groups who three persons escape at the beginning and follow it. For three persons who escape, a time difference continues being shortened [ whether a pace seldom goes up and ] a little early after the middle stage. A time difference with material groups Two players who attack from material groups in the place which was below 1 minute near remaining 25km came out. Although escape groups increase in number to five persons and it continues escaping again, it is sadly absorbed by material groups near remaining 10km. As it is, it is to a goal sprint. Near remaining 1km, ガーミン is governing the group head. However, Tyler Farrar, an ace sprinter (United States) It is injured and does not clarify who does an ultimate sprint. The alternative sprinter was seemed. Robert Hunter (South Africa) remains, and comes out to a head near 400m, and, now, its timing is too early. The カヴェン dish taken to Mark Renshaw (Australia, HTC Colombia) similarly [ yesterday ] from the back of that It comes out in front and a thoroughgoing sprint is started from remaining 200m. Although Farrar sticks back, horizontally it does not arrange but a カヴェン dish wins quite easily. Successive victories were achieved following yesterday. There is no big change in a comprehensive rank, and can チェッラーラ is maintaining the comprehensive first place. Assisting a teammate, he enters ahead [ group ] and Yukiya Shinjo (Japan, ブイグ telecom) makes a goal by the 19th place. The 6th stage rank The 1st place Mark カヴェン dish (Britain, HTC Colombia) The 2nd place Tyler Farrar (United States, ガーミン) The 3rd place Alessandro ペタッキ (Italy, run pre) Rank source http://www.letour.fr/2010/TDF/LIVE/us/600/classement/index.html .


沖縄出身の新城幸也選手も健闘しているようですね。「ツール・ド・フランス」の選手で、僕の記憶に残っているのは、ガンから奇跡的に生還したランス・アームストロング選手であり、日本から本格的に「ツール・ド・フランス」に参戦した今中大介氏ですね。
It seems that Yukiya Shinjo from Okinawa is working hard. By the player of "Tour de France", Lance Armstrong who came back alive from the gun miraculously remains in my memory, and it is Mr. Daisuke Imanaka who entered "Tour de France" completely from Japan.

でも、やっぱり、この目で直に「ツール・ド・フランス」の雰囲気と言うか、熱気に触れてみたい。自分が持っているmont-bell のMTB(mont-bell Competition 〔素材:全て、クロームモリブデン鋼。コンポーネントはすべてシマノ社製。〕→「予備機にオーダーメイドのMTBを造ってもらっても良いかな」と思う)で、東大寺のお水取りが済んだ早春の奈良から、大阪へ行き、フェリーで那覇へ。更に南下し出発地である60度の泡盛とサトウキビの産地である与那国島を目指す。沖縄・与那国島の日本最西端の西崎を出発し、日本列島を一周する様に、各地で登山しながら、日本列島縦断して、北海道稚内港から、ハートランドフェリー(旧・東日本海フェリー)のフェリー「アインス宗谷」で、針路を一路北に取り、ソビエト連邦時代からの憧れの地であるロシアを目指し、ロシア連邦極東管区サハリン州(旧・樺太)のコルサコフへ。サハリン島を縦断し、ウラジオストックを経由し、「厳冬期ユーラシアクロッシング計画 VIA Russia  BY MTB」の出発地点であるユーラシア大陸最東端のデジニョフ岬近くのロシア連邦極東管区サハリン州チュコト自治管区ウエレンへ。ユーラシア大陸最東端のデジニョフ岬から、一路、ユーラシア大陸最西端であるポルトガルのロカ岬へ向け、厳冬期のロシア・シベリアとユーラシア大陸を西進し、マガダンからヤクーツクを経由し、チタからシベリア鉄道沿いに、バイカル湖を右に見ながら、江戸時代に伊勢から江戸へ米などを運ぶ最中に漂流した、伊勢の商人大黒屋光太夫らが、帰国を請願する為に、時のロシア帝国エカテリーナ二世に謁見する為に辿ったIRKUTSKからの同じルートを一路モスクワへ。モスクワから、更に西進してベラルーシを横断し、ポーランド、チェコ、ドイツ、オーストリア、スイス、フランスのアルプスの辺りを走り、一路花の都パリへ。途中、ユーロスターでロンドンへ立ち寄り、パリから、ラストステージのイベリア半島へ。「ツール・ド・フランス」のコースにも入っていた事のあるアンドラを経由し、世界遺産にも指定されているスペイン・バスク地方からスペイン北西部の古くからの巡礼路沿いに、途中、マドリードにも立ち寄りながら、ゴールのポルトガルの首都のリスボン近くのユーラシア大陸最西端ロカ岬に到着してから、「ツール・ド・フランス」の雰囲気に触れてみたいと強く思う。

But I want to call it the atmosphere of "Tour de France" soon by this eye, or to touch heat too. MTB of mont-bell which he has (mont-bell Competition [raw materials : wholly chromium molybdenum steel.) All components are the SHIMANO, INC. make. ] you may have -> "spare machine build MTB of custom-made -- kana" -- considering -- Osaka from Nara of the early spring when the Omizu-tori ceremony of Todaiji ended -- going -- a ferry -- Naha. Furthermore, it goes south and Yonaguni-jima Island which is the place of production of the awamori of 60 degrees and sugarcane which is an origin is aimed at. Japanese-Islands vertical section is carried out, from the Hokkaido Wakkanai haven, a course is taken north straight, Russia which is the ground of yearning from the Soviet Union date is aimed at [ Nishizaki at the westernmost tip of Yonaguni-jima Island, Okinawa in Japan is left, ] by ferry "アインス Soya" of a heartland ferry (old things and East Japan sea ferry), climbing a mountain in various places so that it may go around the Japanese Islands, and it is to Korsakov of the Russian Federation Far East precinct Sakhalin state (old things and Karafuto). To the Russian Federation Far East precinct Sakhalin state チュコト autonomous precinct ウエレン near [ in the Eurasian Continent ] Cape Dezhnev of the easternmost tip which it travels through the Sakhalin island and is the departure point of "severe winter term Eurasia crossing plot VIA Russia BY MTB" via Vladivostok From Cape Dezhnev at the easternmost tip in the Eurasian Continent, it turns to Cape Roca in Portugal which is at the westernmost tip of the Eurasian Continent straight, the dealer Daikokuya light of Ise which went west crossing Russia Siberia of a severe winter term, and the Eurasian Continent, and was adrift from Magadan to the midst which transfers rice etc. to Edo from Ise at the Edo period while looking at Lake Baikal on the right along the Siberia railroad from Chita via Yakutsk -- the same radical sign from IRKUTSK followed since it was received in audience by the second Russian Empire Catherine at the time in order that actors qualified to play the protagonist in noh play might petition a homecoming -- one way -- Moskva. From Moskva, it goes west further, Belarus is crossed, the neighborhood in the Alps in Poland, Czechoslovakia, Germany, Austria, Switzerland, and France is run, and it is to capital Paris of a flower straight. On the way, it drops in to London with Eurostar, and is to the Iberian Peninsula of Paris to a last stage. After arriving in Eurasian Continent westernmost tip Cape Roca near Lisbon of the capital in Portugal of the goal, dropping in also at Madrid on the way along the Spain northwest board's longtime pilgrimage way via Andorra which has having gone also into the course of "Tour de France" from Spain and the Basque Provinces designated also as world heritage, I want to touch the atmosphere of "Tour de France." .


ただマイヨ・ジョーヌのためでなく
講談社
ランス・アームストロング

ユーザレビュー:
意味もなく謝りたくな ...
アメリカの医療費凄味 ...
ツールを走ることはヨ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ツールへの道
未知谷
今中 大介

ユーザレビュー:
今中大介氏によるプロ ...
読み応えあり。感動し ...
意外と詳述されている ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



CHASER
ソニーレコード
1992-06-21
T-SQUARE
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






「ベルリン・フィルと子どもたち」 <RHYTHM IS IT!>
Berliner Philharmoniker
ラトル(サイモン)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
☆ブックマーク(Bookmark)☆ このエントリーをはてなブックマークに追加 ↓この記事が良いなと思われた方は、下記のバナーをクリック↓(人気ブログランキング) 人気ブログランキングへ くる天 人気ブログランキング Bookmark and Share BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク テクノラティお気に入りに追加する Subscribe with livedoor Reader エキサイトリーダーに登録 My Yahoo!に追加 ☆Twitterやってます。フォロー ミー プリーズ.I do Twitter. Follow Me Please. Twitterボタン
Twitterブログパーツ 文責:米田元信/Motonobu Yoneda Responsibility for the wording of an article:Write BY Motonobu Yoneda.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ICタイプの乗車券 Kitacaブログパーツ時計
(提供:JR北海道)

Ticket Kitaca blog part clock of IC type
(offer: JR Hokkaido)

☆FeedMeter

フィードメーター - MTBで地球を駆ける!!

☆このサイトをRSS&Bookmarkに登録

☆This site is registered in RSS&Bookmark.

☆AddClips

☆このサイトのRSS+BookmarkをAddThisで追加する。

☆ RSS + Bookmark this site to add to AddThis.

Bookmark and Share

テクノラティ

Technorati

テクノラティお気に入りに追加する

RSS For MY Yahoo

My Yahoo!に追加

RSS For livedoorReader

Subscribe with livedoor Reader

RSS For ExciteReader

エキサイトリーダーに登録

全文配信同盟

Full-text distribution alliance

全文配信同盟

☆「あわせて読みたいブログ」☆

☆"In addition to read your blog"☆

あわせて読みたいブログパーツ

☆Scouter(スカウター)☆

スカウター : MTBで地球を駆ける!!/ウェブリブログ

はてブ.in - はてブ数を表示してくだちい(笑)

米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!

ブログランキング関係

くる天 人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

SEO&Log関係

☆Site Meter☆

Site Meter

☆Trackfeed☆(Japan)

track feed MTBで地球を駆ける!!

☆彡その他のリンク☆彡

ATARIMAEプロジェクト
障害者就労支援プロジェクト

無料サイト集 Kooss

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeople

今年もツール・ド・フランスの季節がやってきた♪♪♪ 米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる