米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!

アクセスカウンタ

zoom RSS レィルウェイ・ライター種村直樹氏の「日本列島外周気まぐれ列車の旅」ゴールを祝う

<<   作成日時 : 2009/06/09 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

レィルウェイ・ライター種村直樹氏の「日本列島外周気まぐれ列車の旅」のゴールを祝う(Part 1)
The goal of "a trip of a Japanese-Islands perimeter capricious train" of Railway Writer Mr. Naoki Tanemura is celebrated. (Part 1)Part2は只今執筆中。Part2 is under writing now.
〔Nara Japan/2009/6/9/5:00〕久々に明るい話題を聞いた。日本の鉄道関係のライターのパイオニア的存在にして第一人者であるレィルウェイ・ライターの種村直樹氏が長年のライフワーク的な旅として一部のファンの面々と共に行ってきた「日本列島外周の旅」が2009/6/6/15:00に出発地点である東京・日本橋にてゴールを迎えられた。紆余曲折もあったが70歳を超えて無事この旅を終えられた様で何よりです。種村氏のこの旅の偉業達成をこの場をお借り致しまして心からお祝い申し上げたいと思う。(↓下記のプログ(Blog)記事参照↓)
[Nara Japan/2009/6/9] Subject bright after a long time was heard. The "trip of the Japanese-Islands perimeter" which took to the pioneer-existence of the railroad-related writer of Japan and Mr. Naoki Tanemura of the Railway・Writer ( Official HP&Blog Japanese Only) which is an authority has performed with some fans' each one as years of lifework-trip was able to invite the goal to 2009/6/6/15:00 in Nihonbashi, Tokyo which is a departure point. Although there were also many complications, it is most important at the appearance which was able to finish this trip safely exceeding 70 years old. I want to borrow this place and to celebrate achievement achievement of this trip of Mr. Tanemura from the bottom of my heart. ( (Blog) report referring-to [ of ↓ following ]-↓) .

種村直樹氏の弟子で、現在トラベルライターをされていらっしゃる栗原景氏のBlog「ソウルに通いながら、こう考えた」のエントリー 「日本列島外周の旅 ゴール」で第一報を知った。
「遂に『日本列島外周気まぐれ列車の旅』を完遂されたのか…」いう感慨が湧き上がって来て万歳三唱。
Entry of Mr. kageri Kurihara's Blog "it thought like this, going to a soul"(Japanese Only) carried out in the travel writer by Mr. Naoki Tanemura's pupil now The first news was got to know at "the trip goal of the Japanese-Islands perimeter" .
It has been sprung by the deep emotion to "completed at last "the trip of a Japanese-Islands perimeter capricious train" -- say, and gives three cheers.

Blog 「shugoroの日記」のエントリー 「レールウェイライター 種村直樹先生が日本列島外周の旅ゴール」 より一部引用。(日本語のみ)
Blog Entry of "the diary of shugoro" A part is quoted from "Mr. rail way writer Naoki Tanemura is the trip goal of the Japanese-Islands perimeter". (Only Japanese) .

6月6日15時。レイルウェイライターの 種村直樹 先生が、30年にわたった日本外周の旅を終え、スタート地点の日本橋に到着しました。年数回続け延べ日数493日という偉業達成の瞬間です。外周の旅出発は昭和55年(1980)6月5日
15:00 on June 6. Railway writer Naoki Tanemura The teacher finished the trip of the Japanese perimeter over 30 years, and arrived in Nihonbashi of a start point. the number time of years -- it is the moment of the achievement achievement of total-number-of-days 493 days continuously. The trip start of the perimeter is on June 5, Showa 55 (1980).


「日本列島外周の旅」とは、文字通り日本列島の海岸線に沿って旅するという壮大な計画だった。上記のプログ(Blog)のレポートにもある様に、日本国有鉄道(JNR)のローカル線廃止の嵐と国鉄分割民営化の議論とリストラの嵐が吹き荒れる直前の1980/6/5に東京・日本橋を出発し、年2〜3回に分けて行われたそうだ。
コースは房総半島を経て、一路北へ進路をとり、東北(水戸→仙台→三陸海岸→下北半島→青森)→北海道→東北(青森→竜飛岬→秋田→新潟)→北陸→山陰→北九州&西九州&南九州→奄美諸島→沖縄→九州(鹿児島→宮崎→大分→北九州)→本州(山口→広島→岡山)→四国(香川、徳島、高知、愛媛)→本州(岡山→兵庫→大阪→和歌山→三重→愛知→静岡→神奈川→東京→伊豆諸島→小笠原→東京)の順に踏破された様だ。
この旅を無事ゴールされて、種村氏も、同行された方々、種村氏のファンの方々や汽車旅ファンも喜びと安堵の気持ちでいっぱいであろうと思う事を思うと胸がいっぱいになる。

Be [ scheduled to say that it travels along the coastline of the Japanese Islands literally with "a trip of the Japanese-Islands perimeter" / it / grand ] Please leave Nihonbashi, Tokyo for 1980/6/5 just before [ in the report of above Blog ] the storm of local line abolition of the Japanese National Railways (JNR), the argument on breakup-of-the-JNR privatization, and the storm of restructuring blow violently like, and carry out by dividing into 2 - 3 times per year.
A course takes a course to north straight through Boso Peninsula, Northeast (Mito -> Sendai -> 3 land-and-sea shore -> Shimokita-Hanto -> Aomori) -> Hokkaido -> northeast (Aomori ->Cape Of Tapi -> Akita -> Niigata) -> Hokuriku -> San-in -> Kitakyushu & West Kyushu & south Kyushu -> Amami islands -> Okinawa -> Kyushu (Kagoshima -> Miyazaki -> very -> Kitakyushu) -> Honshu (Yamaguchi -> Hiroshima -> Okayama) -> Shikoku (Kagawa, Tokushima, Kochi) it traverse(ed) in order of Ehime -> Honshu (Okayama -> Hyogo -> Osaka -> Wakayama -> Mie -> Aichi -> Shizuoka -> Kanagawa -> Tokyo -> Izu Islands -> Ogasawara -> Tokyo) -- it needs.
If it considers that a goal is made safely and Mr. Tanemura, and fans and train trip fan of people and Mr. Tanemura who accompanied regard this trip as full of the feeling of joy and relief, a breast will fill.

種村直樹先生、同行された方々「日本列島外周の旅」踏破の偉業達成、誠におめでとうございます!!(^_^)。
万歳!!万歳!!\(^o^)/ウラー!!ウラー!!\(^o^)/(ウラー!!はロシア語で万歳の意味。)
Congratulations [ sincerity / Mr. Naoki Tanemura, achievement achievement of trip" traverse of the people "Japanese-Islands perimeter which accompanied, and ]!! (^_^). .
Banzai!! Banzai!! \(^o^)/. Hurrah!! Hurrah!! \(^o^)/. (Hurrah, !! Russian meaning of banzai.) .

この「日本列島外周気まぐれ列車の旅」を種村先生が始められた時、僕は中学一年生だった。あれから30年経ったが、その間、生涯一鉄道ファンである僕にとって、当時の鉄道紀行文学や鉄道紀行のルポルタージュの分野で「鉄道紀行文学の二大巨頭」と称えられ、栄えある金字塔を築かれてこの分野をリードして来られたレィルウェイ・ライター 種村直樹先生と、故・宮脇俊三先生(作家。2003年2月没。)の影響は絶大だったと思う。中学生から高校生時代にかけてかなりお二方の本を読んだのが、今の僕の旅における基礎を教えていただいた様な気がしてなりません。本当に良かったと思います。改めて「おめでとうございます。そして、汽車旅の良さを教えてくれて有り難うございます」と言いたいです。 お二方の功績といえば、鉄道ファンだけでなく、それまで縁の薄かった一般の人々にまで「鉄道趣味」=「汽車旅」の良さを広められて市民権を得た。そのバリエーションは多彩で「日本列島一筆書き切符」「鉄道路線の乗りつぶし」という鉄道趣味の一分野を広められたのは種村直樹先生であった。
When Mr. Tanemura "has traveled in a Japanese-Islands perimeter capricious train", I was a first-year student in a junior high school. [ this ] [ begin ] Railway Writer Mr. Naoki Tanemura who it was praised [ Mr. ] as "the two major leading figures of railroad travelogue study" in the field of the reportage of railroad travelogue study of those days or a railroad account of the trip, had glorious monumental work built in the meantime for me who am a whole life 1 railroad fan, and had this field led although 30 year has passed since that, Mr. Shunzo Miyawaki reason and (writer.) February, 2003 rejection. I think that influence was greatest. It does not come to feel that I had the foundation in my present trip taught to have applied to one's high school student days from the junior high school student, and quite to have read the book of the methods of two. I think that it was really good. I congratulate you on your " anew. And I want to teach the merit of a train trip and to call it thank you." Speaking of the distinguished services of the methods of two, the merit of "railroad hobby" = "a train trip" was spread by not only a railroad fan but the general public whose edge was thin till then, and they acquired citizenship. The variation was variegated and Mr. Naoki Tanemura was able to spread one field of the railroad hobby of a "Japanese-Islands picture-drawn-without-lifting-the-brush-from-the-paper ticket" and "riding crushing of a surface line." .


種村直樹先生、同行された方々おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。
Congratulations [ people / Mr. Naoki Tanemura and / which accompanied ]. And thank you for everything.


追記(1):今回の「日本列島外周気まぐれ列車の旅」が無事に終わった事に関して、種村直樹先生が、プログ([RW]Railway Writer's Office - レイルウェイ・ライター種村直樹公式BLOG)を通じて声明文を出しておられます。2009/06/07 12:36付けの『「日本列島外周気まぐれ列車」ゴールのご挨拶』と、2009/06/06 23:32付けの『日本列島外周の旅 本日ゴール』の二つの記事で、丁寧にお礼の言葉を述べておられます。種村先生のご心中を察するに、何か30年近く続いた祭りの後の余韻とでもいった雰囲気が感じられます。種村先生と約100名の同行された方々に対しまして、長い間の『日本列島外周気まぐれ列車の旅」お疲れ様でしたと労を労う共に、鉄道を機軸に据えて成し遂げられた偉業達成に心より敬意と「夢を有り難う」との気持ちを伝えたいと思います。

Postscript(1): Mr. Naoki Tanemura has a statement taken out through Blog ( [RW] Railway Writer's Office- Railway writer Naoki Tanemura formal BLOG .) about this the "trip of a Japanese-Islands perimeter capricious train" having finished with no problems. 2009/06/07 "A greeting of the "Japanese-Islands perimeter capricious train" goal" of 12:36 attachments, and 2009/06/06 Two reports of "the trip today goal of the Japanese-Islands perimeter" of 23:32 attachments can describe the language of gratitude carefully. Atmosphere is felt as the reverberation after the festival which followed sympathizing with Mr. Tanemura's feelings in about 30 years. I want to convey respect and the feeling of "being thank you about a dream" to the achievement achievement which appreciates trouble as trip" thank you for everything of long "Japanese-Islands perimeter capricious train and which both set the railroad on the device and was finished from the bottom of my heart to Mr. Tanemura and about 100 persons' people which accompanied.

追記(2):尚、このニュースは種村氏の古巣の毎日新聞東京本社版(電子版)と、朝日新聞東京本社版(電子版)が報道したそうです。
Postscript(2) : In addition, it is said that the Mainichi Newspapers Tokyo head office version (electronic edition) of Mr. Tanemura's old haunt and the Asahi Shimbun Tokyo head office version (electronic edition) reported these news.

毎日新聞 東京本社版(電子版)(毎日.jp)  
Mainichi Newspapers ( mainichi.jp) The Tokyo head office version (electronic edition) .

雑記帳:鉄道作家の種村さん、29年かけ日本一周ゴール
notebook: -- the railroad writer, Mr. Tanemura, and 29 years -- applying -- travel around the of Japan circumference goal .

朝日新聞東京本社版(電子版 asahi.com) 
The Asahi Shimbun Tokyo head office version (electronic edition asahi.com)

日本外周列車の旅、30年目でゴール のべ493日間
A goal will be made in the trip of a Japanese perimeter train, and the 30th year. It states and is for 493 days.

「レィルウェイ・ライター種村直樹氏の「日本列島外周の旅」ゴールを祝う(Part2)」はこちらへ→(未完)
☆here "Railway・Writer Mr. Naoki Tanemura is congratulated on his "trip of the Japanese-Islands perimeter" goal here (Part2)" →(未完) Part2は只今執筆中。Part2 is under writing now.

関連ポータルサイト


汽車旅.in→汽車旅.in

レイルウェイライター.in→レイルウェイライター.in

種村直樹.in→種村直樹.in

日本列島外周の旅.in→日本列島外周の旅.in

気まぐれ列車.in→気まぐれ列車.in

↓この記事が良いなと思われた方は、下記のバナーをクリック↓(人気ブログランキング)
人気ブログランキングへ くる天 人気ブログランキング

☆ブックマーク(Bookmark)☆
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

文責:米田元信/Motonobu Yoneda
Responsibility for the wording of an article:Write BY Motonobu Yoneda.

【レールウェイライター・種村直樹氏の本】

気まぐれ列車で行こう 瀬戸内・四国スローにお遍路
実業之日本社
種村 直樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


【トラベルライター 栗原景氏の本】

秘境駅
メディアファクトリー
牛山隆信・栗原 景

ユーザレビュー:
鉄道で行ける秘境。「 ...
飯田線が雪景色、残念 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


秘境駅II
メディアファクトリー
牛山隆信・栗原 景

ユーザレビュー:
あの頃の光景がありま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

☆ブックマーク(Bookmark)☆ このエントリーをはてなブックマークに追加 ↓この記事が良いなと思われた方は、下記のバナーをクリック↓(人気ブログランキング) 人気ブログランキングへ くる天 人気ブログランキング Bookmark and Share BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク テクノラティお気に入りに追加する Subscribe with livedoor Reader エキサイトリーダーに登録 My Yahoo!に追加 ☆Twitterやってます。フォロー ミー プリーズ.I do Twitter. Follow Me Please. Twitterボタン
Twitterブログパーツ 文責:米田元信/Motonobu Yoneda Responsibility for the wording of an article:Write BY Motonobu Yoneda.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ICタイプの乗車券 Kitacaブログパーツ時計
(提供:JR北海道)

Ticket Kitaca blog part clock of IC type
(offer: JR Hokkaido)

☆FeedMeter

フィードメーター - MTBで地球を駆ける!!

☆このサイトをRSS&Bookmarkに登録

☆This site is registered in RSS&Bookmark.

☆AddClips

☆このサイトのRSS+BookmarkをAddThisで追加する。

☆ RSS + Bookmark this site to add to AddThis.

Bookmark and Share

テクノラティ

Technorati

テクノラティお気に入りに追加する

RSS For MY Yahoo

My Yahoo!に追加

RSS For livedoorReader

Subscribe with livedoor Reader

RSS For ExciteReader

エキサイトリーダーに登録

全文配信同盟

Full-text distribution alliance

全文配信同盟

☆「あわせて読みたいブログ」☆

☆"In addition to read your blog"☆

あわせて読みたいブログパーツ

☆Scouter(スカウター)☆

スカウター : MTBで地球を駆ける!!/ウェブリブログ

はてブ.in - はてブ数を表示してくだちい(笑)

米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!

ブログランキング関係

くる天 人気ブログランキング

くる天 人気ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

SEO&Log関係

☆Site Meter☆

Site Meter

☆Trackfeed☆(Japan)

track feed MTBで地球を駆ける!!

☆彡その他のリンク☆彡

ATARIMAEプロジェクト
障害者就労支援プロジェクト

無料サイト集 Kooss

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeople

レィルウェイ・ライター種村直樹氏の「日本列島外周気まぐれ列車の旅」ゴールを祝う 米田元信公式Blog MTBで地球を駆ける!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる